地区・支部情報

2016年12月14日 [東京]

関東甲信越地区・東京支部から   東京支部第4回研修会と関東甲信越地区研修会を開催します

東京支部では平成28年度関東甲信越地区研修会と第4回研修会を一緒に行います。

幼稚園教育要領の改訂を前に、保育の「真」について考えていきたいと思います。

今回は、聖心女子大学教授 河邊貴子先生をお招きして、一緒に学んでいきたいと思います。

%e5%85%a8%e5%b9%bc%e7%a0%94%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a%e6%a1%88%e5%86%85%ef%bc%88%e7%ac%ac%e5%9b%9b%e5%9b%9e%ef%bc%89%e3%80%89のサムネイル新採1~2年の皆さんも、中堅、ベテランの方々も、幼稚園、保育園、こども園など、すべての乳幼児教育・保育にかかわる仲間の参加をお待ちしています。

 

 

2016年12月14日 [地区・支部情報]

近畿地区から   近畿は一つ 近畿地区研修会のお知らせです 

≪近畿地区から 研修会のご案内≫

近畿地区では、奈良県での全国大会に引き続き研修会を開催します。

「幼児教育じほう」に記事を連載されている 山下文一先生((高知短期大学)の講演です。保育者に求められる専門性について、学び合いたいと思います。

沢山のご参加をお待ちしています。

 

h28%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a%e6%a1%88%e5%86%85%ef%bc%88%e5%9c%b0%e5%9b%b3%e4%bb%98%ef%bc%89のサムネイル

2016年11月4日 [東京]

東京支部から 第三回 研修会のお知らせ

東京支部では、夏の第二回研修会「みらいこども園見学研修会」に引き続き、第三回目の研修会を行います。

ボールを使った運動遊びの実技研修会です。明日からの保育にすぐ生かせる研修会です。若い先生方の参加をお待ちしています。

第3回全幼研東京支部研修会案内

2016年10月25日 [地区・支部情報]

京都支部から    京都支部研修会のお知らせ

京都支部では、12月6日、京都支部研修会を開催します。

京都支部会員以外の方もどうぞ、ご参加ください。お待ちしています。

たくさんの実践を交流し合い、学びのある会にしていきたいと思います。%ef%bc%92%ef%bc%98%e4%bd%8f%e5%90%89%e6%a1%88%e5%86%85%e6%94%b9%e8%a8%82%e7%89%88%ef%bc%89%e4%ba%ac%e9%83%bdのサムネイル

2016年9月30日 [地区・支部情報]

兵庫支部から    夏に行った兵庫支部研修会の報告

%e3%83%bcpdf%e5%85%a8%e5%b9%bc%e7%a0%94%e3%80%80%e5%85%b5%e5%ba%ab%e6%94%af%e9%83%a8%e7%a0%94%e4%bf%ae%e5%a0%b1%e5%91%8aのサムネイル兵庫支部では、8月に支部の研修会を行いました。

2016年9月26日 [地区・支部情報]

兵庫支部から 研究会のお知らせ

神戸大学附属幼稚園研究発表会ご案内
11月19日(土)神戸大学附属幼稚園において、研究発表会が開催されます。
兵庫支部の研究の中枢を担ってくれている幼稚園です。兵庫支部も応援しています。皆さん、どうぞ奮ってご参加ください!!

2016年9月23日 [石川]

石川支部から 研究会のお知らせ

石川支部の中心園でもある、金沢大学附属幼稚園の研究会のお知らせです。

第 16 回保育を語る会のご案内

2016年9月22日 [今年度の研究活動情報]

平成28年度 各支部の研究活動計画をお知らせします。

平成28年度 各支部研究活動情報をお知らせします。

2016年9月13日 [徳島]

徳島支部から 研究会のお知らせ

徳島支部から平成28年度 幼児教育研究会の御案内

この研究会は、鳴門教育大学の研究発表会ですが、徳島県を始めとする関係行政機関や各幼児教育団体の後援を受けて行われます。全幼研徳島支部も後援団体の一つになっています。

 

2016年9月1日 [茨城]

茨城支部から 第61回幼児教育研究会を開催しました。

IMG_6920

茨城支部では、8月23日(火)、茨城県民文化センター小ホールにて茨城県教育委員会、水戸市教育委員会始め、国公立、私立幼稚園・認定こども園関係諸団体の後援の下、「第61回幼児教育研究会」を開催しました。講師は全幼研理事長岡上直子先生にお願いしました。岡上理事長からは、演題「アクティブに感じ考える力を育む保育者の役割」とし、来年の幼稚園教育要領の改訂を見通しつつ、これからの幼児教育の方向性、そして、その中で求められる保育者の専門性について、とても具体的にお話していただきました。参加者からは「これからどうなるのか不安だったけど、制度がどう変わっても、私たち保育者がしていかなければならないことは変わらない」「2学期を迎える力が湧いてきた」「子どものために がんばろうと思います」などの感想が聞かれました。

IMG_6980
2 / 3123