2018.09.07   [ 更新情報 ] 

理事長より 度重なる自然災害にお見舞い申し上げます

度重なる自然災害にお見舞い申し上げます。

 

平成30年9月6日に起きました北海道地震に関しまして、被害のありました地域の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

震度7という、いまだかつて経験したことのない数字に驚きましたが、テレビ等の画面に映る光景に、なんといっていいかわからない心境です。

朝3時という時間でしたので、子どもたちが家庭にいたということには安堵しますが、地滑りに液状化、交通機関の断絶、電気や水道の供給ストップと、心配なことだらけです。一刻も早く回復することを願っています。

また、今週初めには大型台風が関西方面を直撃し、被害が大きくまだまだ通常の生活に戻っていない中での大地震に、渦中の皆様の不安や緊張、疲労を考えると何もできずにいることにもどかしさを感じております。

どうか皆様の園の関係者をはじめ家族の皆様が御無事でいらっしゃいますようにと祈るばかりです。

関係の皆様に、謹んで災害のお見舞い申し上げます。

 

平成30年9月7日

(社)全国幼児教育研究協会 理事長  福井 直美